生きていることを楽しむ日

大震災から二年。
テレビでは特集が組まれ、新聞でも大きな記事になっています。
職場でも津波を想定した避難訓練が行われ、嫌でも震災当時を思い出す。
しかも今日は昨日と違って寒くて朝は雪がうっすら積もっていた。
「寒い。寒い」これもまた震災当時を思い出す・・・正直辛い。
よく「(震災を)忘れない」と言っているけど、経験した人間は「忘れられない」のですよ。決して。

津波被害で自宅が全壊して仮設住宅に住んでいる同僚。
他の人からは津波の話を聞いたことがあったけど、彼女からはなかった。
それほど親しかったわけでもないし、何よりも震災直後の彼女は精神的に不安定で近寄りがたかったから。
その彼女から思いがけないときに津波の話を聞いた。

「漁師をしていた父親(故人)から大きな地震がきたら津波がくるからすぐに逃げろと言われていたの。
だからすぐに母親を連れて姉のところに避難したんだよ。
姉の家は東部道路のすぐ側でね、二階から津波がくるのを見ていたの。
道路は渋滞してて車の中に居る人の顔まではっきり見えた。
車ってはじめ水に浮くんだね。
津波がきたら車が浮いて回り始めたの。
車から人が出てきたけど足元がもうどろどろした水ですぐに沈むんだよ。
それで車の屋根に手をかけて体を支えたけど、津波がだんだん上がってきて最後はつかまってる手しか見えなくなって、その手も見えなくなった・・・
それをずっと見てたんだよ。
夢だと思って何度もほっぺた叩いたんだ。
真っ赤になるまで何度も叩いたけど夢から覚めなかった」

この話を聞いたときに、ようやく彼女の心の傷の深さに気付きました。
人が死ぬところを見ていたからか、だからだったのか。
他の津波経験者は家をなくしても前向きに頑張る発言をしていたのに、彼女だけはそれがなかったのはそのせいだったのか。

東部道路を使う機会が多いのでその度に海を見ては津波を思い出します。
必ずそのことを考えてしまうのです。
地震はそんなに怖くないです。
余震も「このくらい平気だ」とすぐに思ってしまいます。
でも海は怖いです。
近くに行くと胸が苦しいくらい落ち着かなくて悪いことを考えてしまいます。
「ここで人がたくさん死んだんだ」とそのことが怖いのです。
人からいろいろな話を聞いたのも恐怖心が募る原因になったんだろうと思います。
でもね、本当に身近な話だったのよ。
だからこそ余計に怖いのかもしれない・・・

夫はもちろん(これは性格的なことが関係あると思うが)子供達も震災のことはそんなに気にしていないというか、心の整理がついているようです。
特に思い出すこともないようだし、思い出しても過去にあった出来事と割り切っているように見えます。
私も早くそうなりたいです。

朝から「追悼、追悼」と震災を思い出して心がとても落ち込んだので、考えを変えました。
今日は「生きていることを楽しむ日」にしよう!
「生きること」ではなく、「生きていること」です。
災害に備えて保存食の日付チェックをするよりも、その方が今日は有意義に違いない。

午前中はワンコのトリミングが入っていたので家事と読書をして過ごす。

バニラの桃尻

バニラの桃尻を愛でて幸せな気分を味わう´3`)´3`)チュッチュッ
ワンコにお昼ご飯をあげたらケーキを買いに出かけよう。

途中で建設中のスタバ(大野田店)を撮影。
なんとドライブスルーですよ!待望のヾ(≧∇≦*)/やったー

ドライブスルー!スタバ大野田店

あと少しで完成かなo(^-^)oワクワク
すごく楽しみ。
スタバを控えて節約しようと頑張ってきたのに誘惑が多いです。

お目当てのシフォンケーキを買いに行ったけど残念今日は売っていなかった。
ホールでドカンと買いたかったのにな(-ω-;)ウーン
他のケーキにしようかと迷ったけど、結局これになった。

たこ焼き♪

たこ焼き(*´∀`*)

全然ジャンルが違う(笑)
でも美味しかったのでそれで幸せ~
アレルギーがあってタコは食べられないので娘に全部あげました。
エキスがしみてるから体調によっては口の中が痒くなって不快だけど、今日は大丈夫。

夜は肉を食べる予定。
大好き肉!

うーん、私の楽しみは基本食べ物だなヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
それってワンコと同じだよ!
仲良し♪仲良し♪



未来へ

昨日は息子の卒業式でした。
天気も良かったし、式の内容も中学校よりいいですね(*´∀`*)
歌は中学校と同じ「旅立ちの日に」だったけど、なんでかなー?小学生の方が上手だった∵ゞ(≧ε≦● )プッ
泣いてる子はやっぱりなんでかなー?中学生より多かったよ。
男の子もすごい泣いてた(´Д`A;)
子供が泣くと親も泣くので「絶対に泣くなよー!」というテレパシーを息子に送りました。
なんていうか、そういうタイプの子じゃないから大丈夫だと思っていたけど。
娘もそうだしね。
最後の退場の時に親の前を通るんだけど、泣いた子は涙の痕や目や鼻が真っ赤なのね、そうじゃない子はたいてい真面目な顔で通り過ぎる。
息子もそんな感じ。
そんな中、一人だけ笑顔だった子がいたの。
私の隣に座ったお母さんの娘さんだけど、歯を見せて笑ってるわけでもにやにやしてるわけでもなくて、なんていうかね、胸を張って堂々としてすごく晴れやかな笑顔だったの。
彼女からは旅立ち、希望、未来といった前向きなものが感じられて、子供の持つ可能性とかね、思わずぐっときて泣きそうになった。
彼女は昨年お父さんを病気で亡くしているんですよ。
隣のお母さんも同じようにじんときたようで「表情がすごく良かったね」と声をかけた時には涙をぬぐっていました。
泣いてる子にもらい泣きするなら分かるけと、笑顔の子を見てうるうるくるなんてさー私って感性がずれているのかもしれない(笑)

最後に教室で先生の最後のお話があったけど、これが良かったね。
娘の時にはそんなこと思わなかったから、きっと先生の違いだわ( ´_ゝ`)フーン

まず最初の話は「過ちを認め、その後に生かせ」という内容で、人は誰でも過ちを犯す、しかし大切なのはその後どうするかだってこと。
これは私も思うことだけど、間違いを認めないとそれを正せないんだよね。
でも認めるには勇気が必要だ。
勇気を持って過ちを認め、その後は良い方向に進んで欲しいと。

最後は震災の話です。
やっぱりこれは欠かせないか・・・
「みんなは子供の頃に1000年に一度という大震災を経験した。君たちがこれから立て直していくんだ!がんばっていくんだよ」ということから、震災の詩に音楽をつけたものを映像とともに流したの。
これはとても悲しく辛い出来事があったけど、みんな立ち上がってこれからを生きていくんだという内容。
これだけでも私はうるうるして涙を堪えるために目をつぶらなきゃいけなかった。
最後の最後は津波で亡くなった子が書いた卒業文集の朗読。
その内容は自分が大人になったらということでした。
「家族を大切に、人に優しくできる大人になりたい。そのために努力していこうと思います」と。
同じ子供会で知っている子だからね、彼女の顔が浮かびましたよ。
彼女が大人になることはない。
卒業直前に亡くなったから文集さえ手にすることができなかった。
先生が「震災ではたくさんの人が亡くなりました。でも君たちは生きている!これから中学校に行って辛いことや大変なこともあるだろう。でも生きている喜びを忘れずに、亡くなった人の分までかんばって」と。
本当にその通りだよね。
生きてるんだから、なんだってできる。
そのことを忘れずにいて欲しいと思います。

6年間使ったランドセル

とにかく卒業おめでとう(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)

ランドセル犬






※ワンコの話は次の記事で♪

あれから一年

あの大震災から一年がたちましたね。
朝からザワザワとした気持ちで、なんだか落ち着きませんでした。
忘れてはいけないけど、忘れてしまいたいと思うような、そんなひどい震災でした。
今でも沿岸部には怖くて行きたくありません。
空港周辺もどうなっているかな?と思うけど、行く途中にあるトンネルを考えるとやっぱり怖くて行けません。
とにかく怖いんです。
たくさんの人が亡くなった場所だから。
霊感の強い人はかなり見えると聞きました。
そうだよね・・・
確実に復興していて、本当に普段は震災があったことも忘れるような生活です。
でもまだまだ記憶は生々しいんですよ。
津波の映像や、被災した人達の話とか、テレビで見ても涙が出てきます。
特に子供を亡くした話はあまりにも辛くて仕方ないです。
福島の原発だって全然解決していない。
元通りにはならない、そう感じています。

避難用リュックの点検と保存食などのチェックをしました。
賞味期限は気をつけないと切れてます。
夫には「このリュックはもう必要ないんじゃないの?」と言われたけど、あれば安心だからね。
備えあれば憂いなし!でも過信は禁物です。
今回の震災ではある程度の備えがあったから「数日は大丈夫」と思って遅れを取ったんですよ。
まさかライフラインの復旧があんなに遅れるとは思わなかった。
そのために流通もストップして、蓄えのなかった家庭は食料をどうしたんだろうか?
ガソリン不足とか、とにかくめちゃくちゃでしたね。
震災以来、ガソリンは半分以上減ったらさっさと入れるようにしています。

震災で亡くなられた方々の冥福を再度祈るとともに、行方不明の方達が一刻も早く家族の元に帰れますように、切に切に祈っています。
合掌。



前進あるのみ!

若林区荒井のケーキ屋さん「ブルームーン」にまた行きました。
なんかやっぱりモンブランをまた食べたくて(*´∀`*)

ブルームーンのケーキ♪

なんかもう気持ちがむーむーしちゃって、買いすぎだろ(笑)
家族四人で食べるから1人二個だーっ!

それからなんか今まで避けていたけど、思い切って沿岸沿いの道を帰ることにしました。
農業園芸センターの前を通るのでどうなっているか様子を見ようと行ってみたら~
あれ?前にいる路線バスが中に入っていくよ?(゚ロ゚)
門が開いてるーーーーーっ!「入っぺ~」と私達も中に。
いや、ほんとびっくり。やってるよ(≧◇≦)え~!
帰宅してからHPで確認したら10月7日から一部公開していました。
知っていたらもっと早くに来たのにな。
今日はワンコを連れていなくて残念!
いい天気で気持ちいいのに~(ノД`*゜)゜・:。.

農業園芸センター正面

正面はお花じゃなくて、なにこれ?畑になっているのか?

塩害対策ですぞ

看板を読んだら塩害対策でした。
つまり来春はチューリップとかはないのね。

芝生側からみたところ

芝生側から見てみると分かるように、入り口付近に大きな白いドームテントがあるんですよ。
なんじゃこりゃ?
堆肥の臭いらしきものがしたのでそれを作っているのかと思っていたら違いました。
(確かに堆肥はどこかで作っているのかもしれないけど)

ドームの中は・・・

なんと・・・
きっと周辺に津波で流れ着いたものを拾ったんでしょうね。
田んぼのところが綺麗になっていましたから。
流木もないし。

芝生は気持ちいいぞー

芝生は土地が高くなっているので津波からは逃れたんじゃないかな?と思います。
ちゃんと手入れがされていました。
相変わらず綺麗だわ~。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。
前と同じことが嬉しくて、キャーキャー言っていたら娘から「ママ、そんなに嬉しいの?」と言われましたよ。
「あー、嬉しいよ。すっごく嬉しいね」と答えました。
芝生の向こうの風景は以前とは違いますけどね。
いまだに瓦礫撤去中なのか?
工事しているような感じでトラックが何台も停まっていました。
向かいの大沼に白い鳥が見えたけど、もしかして白鳥?近寄らなかったから確認してないけどね。

バラが咲いていました

なんとバラが咲いていたんですよ~
塩害は大丈夫だったのかな?
もっと早く訪れていたら綺麗なときに見れたのに(´`:)

バラはもう終わりでしたよ

だけどこれだけでも十分感動です!
夫は「これなら来春に梅が見られるかもよ?」なんて言っていました。
そうだね、そうかもね(●´艸`)

私達家族だけの貸切りだったけど、帰る時にダックスを連れた方が入ってきました。
ちゃんと知ってる人は知っているのね。
今頃気づいたのがめちゃ惜しい(-ε-)↓

農業園芸センターを後にして、荒井から閖上に行く道路を通りました。
沿岸沿いなので津波の被害がまだまだ生々しく残っています。
「あぁ・・・」とこれだけしか言えませんでした。
防風林もちょぼちょぼとしか残っていない。
そしてそこにあったはずの家も全然残っていないんですよ。
残っていても一階部分が無残にも削り取られていてスカスカした感じなんです。
本当にひどい。
きっとその瞬間は地獄のようだったろう。
閖上には歩道橋があるんだけど、そこに上った人は助かりました。
でもそこから津波で流されて行く人達が見えるんですよ。
電信柱やガードレールにつかまったまま流れていく人。
助けようにも、どうにも出来ない。
子供達は背負っていたランドセルが浮いて助かったケースもあったそうです。
こういう「恐ろしい話」がいくらでもあります。
自然の力の前に私達人間のなんてちっぽけなことか。
「自然界の中に神がいる」と大昔の人達が思って信仰したのも当たり前のことだなと思いましたよ。
それほどの力の差があるんです。
でも人間だって強いんだよ!立ち上がる力があるんだから!
「復興」って本当にすごい。
何度もここに書いているけど、目の当たりにしている私が言うんだから間違いなくすごいっ!
きっと何年か後になれば、震災の時が思い出せないくらい立派に変わっていくんだろうな(*^O^*)/

よく吠えるバニラ

今日の散歩は暖かくて助かりました♪
最近バニラはストレスたまってきたのか?吠えるのがまた多くなったような?
困る~止めて~せめて絶叫するのは止めて~

すぐに悲鳴をあげるリリア

リリアはバニラみたいには吠えないし、声もバニラほど大きくない。
声帯の強さは体の大きさも関係するのか?

夜も寒くなってきたからペットヒーター入れました。
私もそろそろ布団乾燥機を使って暖かくしたお布団で寝たいな~
でもまだコタツは出してないぞ。これもそろそろか?

やっと届いたよ

被災時にはソーラーだ!ということで、注文していたソーラーランタンがやっと届きました。
二ヶ月待ちか・・・(^-^;)

ソーラーランタンとチビランチン

電池不要です♪
ぐるぐる回す充電も付いてるけど、出窓にいつも置いて充電しておこうと思います。
なかなかおされーなデザインなのでインテリアとしてもいいかも(。-∀-) ニヒ

ちなみにこの商品です「ソーラーランタン」

右側のちっこいランタンは夫が100円ショップから買ってきたもの。
三色に光ったりもするし、これで100円は嬉しいかなーヾ(*´∀`)ノ
小さいので避難用リュックにしまっても邪魔にならないし、これは追加でまた買うぞ!

バニラだお

なんか震災って宝くじみたいなもんだなって思いました。
「当たるかもしれない・・・」→「くるかもしれない・・・」みたいな。
確立は低いけど、絶対にないとは言えない。
それにその時がいつなのか分からない。
明日かもしれないし、一年後かもしれない、もしかしたら一生ないかもしれない。
まったく分からない。
「分からない」って不安だよね。
いいことならドキドキして楽しいんだろうけど、その反対だし(´・c_・`)

リリア、ここんとこすごく毛が抜けてます。
引っ張ると簡単にごそっと。

リーたん、激しく抜け毛中

↑これは少ないほう、多い時はこれの三倍の量だった。
バニラもそれは抜けるけど、ここまでじゃない。
昨日の夜にブラッシングでしっかり取ったのに、今朝になったらまた同じように抜ける。
子供達が「リーちゃんがハゲになっちゃう~!」と大騒ぎしてたけど、ガン治療の副作用で毛が抜けるみたいな感じで心配になるよね。
数年に一度のドーンと抜ける時期なのかもしれない。
でも薄くなったようには見えないから普通なのか?(´・з・`)